読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一泊二日京都の旅 その2

さて博物館の次は、すぐ近くの「養源院」というところへ行きました。

ここの、襖絵にも琳派俵屋宗達の絵が書かれています。

ここで疑問が。

この有名な襖絵ですが、400年記念で先ほどの博物館に展示されていました。

ということは、養源院にあるのは、ニセモノか!?

ニセモノって書いてあるのか、それともそーっとおいてあるのか、それとも何もないのか、といろいろ考えながら言ってみました。

入るなり正面に噂の襖絵があるじゃないか!!!

f:id:lsesmpsm:20151201232502j:image

これはニセモノだーと思っていたら、ちゃんと書いてありました。博物館に展示中ですと。一安心。ちなみに写真の絵はがきをもらえました。

ここは、俵屋宗達の襖絵がいくつかと、何やら誰かが暗殺された場所だとも言っていました、すっかり忘れてしまいました。。。。

ま、それはいいですね。

そして、次は、一旦琳派とはお別れして、「等持院」というところへ行きます。

f:id:lsesmpsm:20151201232626j:image

ちょっと離れていますが、こういうのがあると書いてあったので面白そうで行きました。

ちょうど、等持院のおとなりの神社がお神輿をしていました。

f:id:lsesmpsm:20151201232643j:image

等持院の中に入って、お庭が見えるところでお茶を頂きました。私は作法を全く知りません。。。母はなんとなく知ってそうだったので、習っていたことがあるのか?と聞いてみましたが、ないと、じゃあなんで知ってるの?と聞くと、「これだけ長く生きていれば、これぐらいのことなんとなく知っている」と言われました。。。

私もあと、40年ぐらい生きれば知れるのかなと、納得しておきました。

適当な作法でお茶を飲み終えて、お庭を探索。

f:id:lsesmpsm:20151201232750j:image

綺麗にお手入れされていて、しかもちょっと紅葉していました。母は、ちょっとでも紅いと「ほら、紅葉、紅葉」となぜか紅葉に高揚してました。。(フフフ)

f:id:lsesmpsm:20151201232726j:image

そして、お目当てのこれも見て、等持院とお別れです。

f:id:lsesmpsm:20151201232808j:image

では、京都の中心部へ行きます!

さて、もう夕食の時間になりました。いつも京都っぽいものを食べようと思ってしまいますが、たまには違うものではいいのではないかと思いスペイン料理っぽいお店へ行きました。

そして、今日の行程はすべて終了!